看護師専用の転職サイトなら、男性看護師を求める病院にアプローチ出来る!

img_preparation6
不景気対策のため、大学の看護学科を卒業しました。就職は出来ましたが、毎日がハードです。サラリーマンをやっている友人が羨ましく思います。転職の理由は、「高い給料をもらうため」です。いい家に住んで、いい車に乗る願望を叶えるため、サイトを使って、転職活動をしました。結局、私はお人好しでした。同じ地域の別の病院に勤務し、実家の両親を養っています。

<h4>男性ニーズが高い?看護師業界</h4>
大学進学時、将来を考え、看護学科を選びました。男性看護師は、比較的人数が少ないと言われていましたので、ここなら安定して就職できると思ったからです。両親は教師で、共働きです。厳しい家庭でしたので、子供たちの気持ちはよく分かりました。

男が看護師になって、何が悪いのか。誰か教えて下さい。男女雇用機会均等法の制定で、表立った性差別は無くなりましたが、まだまだ冷たい雰囲気です。この空気、どうにかしなければ、と思います。

<h4>男の看護師</h4>
男が看護師を名乗ることに、抵抗感を持たれる人も少なくありません。「ナースを呼んだのに、男が来た」と愚痴られる経験も、一度や二度ではありません。それでも、私は「仕事なんだ」と思い、歯を食いしばって仕事をしています。

実は「介護職員」になることも考えていました。ところが、「介護は大変」と伺い、考えを改めました。世の中、楽に働ける仕事はありませんね。政治家の方は、医療業界のことをもっと知ってほしいと思います。

<h4>我慢の限界</h4>
私が転職を決意したのは、患者さんに「介護職員」と勘違いされたことがきっかけでした。看護と介護は違います。より専門的なケアを行い、医師と連携して働くのが看護師です。男だからといって、一方的に差別される職場は、限界でした。

ナースセンターでは、女性の先輩方が仕事をしておられます。私は新人の頃から、先輩方のイビリに耐えてきました。もし私が女性なら、ここまで苦労することはなかったと思います。

<h4>不景気、不景気、不景気</h4>
あー。お金がない。ストレス溜まって、ビール買って、とっても疲れました。看護師は、あまり向いてなかった仕事です。とりあえず、現状打破のため、転職を決意しました。ある意味、逃げの一手でした。でも、ここで逃げなきゃ、一生檻の中だと思いました。

なお、転職方法はいくつかあります。例えば、職業安定所に斡旋して貰う方法、友人に推薦して貰う方法、サイトを使う方法などです。私の場合、「看護のお仕事」というサイトを使いました・理由は、「誰かに転職の事実をばらしたくなかったため」です。こういうのは、こっそり行うべきだと思います。

結局、2ヶ月かかって、今の職場が見つかりました。私の性格と、スキルの無さが足かせとなり、時間がかかりました。最低でも、3年間は同じ病院で働いて、能力を身につけるべきだと思います。男性の場合、否応なしに「力仕事」を求められます。ムキムキボディの方なら、ニーズがあるでしょう。

<h4>なんだか、虚しいかも</h4>
「男だから希少価値がある」とか、「看護師になる男は珍しい」って、変な考え方ですよね。虚しい人生を過ごすのが嫌で、実家の両親の面倒を見ています。付き合っていた女性とは別れてしまいましたが、文句は言いません。

新しい職場には、男性看護師はいませんが、男性の患者さんはたくさんおられます。このまま、実家の両親と一緒に過ごせれば最高です。野心家の方は、看護師でなく医者を目指すべきです。働けるフィールドが、天と地ほどの差です。

勉強は大変ですが、頑張った分、報われる仕事です。若い人こそ、ドンドン医療に携わってほしいと思います。”

看護師という職業も一生をかけてできる職業ですね。

img_documents11

 

生活環境に変化がおきても、対応させていける面を持ち合わせてますが、転職となれば、そ の時の生活環境に大きな負担がかかってくるものです。子供の成長や配偶者の転勤、家の移転にともなって等など、環境の変化による場合もありますが、本人の 医療に対する向上心から転職を考える選択肢が生じる時もありますね。転職事情は十人十色。いずれにしても、一人でする転職作業の過程では、調査漏れや取り 損なう情報など置き忘れてくるものも多く、せっかくの”心機一転”も、残念な結果になることは、余り珍しいことではなかったようです。

今は民間の看護師求人サイトが、ネットに複数開かれていて、これらを訪ねる看護師さんも多く、求人サイトを利用しての転職活動が一般化してきているようで す。青森の病院数は東京次いで2位といわれるほどの数があり、先進医療を担う大規模病院には教育支援体制が整っていたりするので、人気が集まっているよう ですね。これにともなって、ニーズに応えるように青森地域を対象とした看護師求人サイトも、活発に活動しているようです。

サイトを利用して転職に成功した ある先輩は、仕事を持ちながらの転職活動のサポート役としてしっかり利用して、成功させたと話していました。何よりも一般に公開されない求人情報を得られ るので、手当たり次第の情報収集より効率的のようです。ちなみに、ホームページで見受けられる内容は、ごく一部分のようです。複数の看護師求人サイトを チェックしてみるといいですね。

 

初めての転職、求人サイトで大正解

求人情報や、転職、就職先の情報などをネットで調べる方は最近では、多い傾向にあるのではないでしょうか。サイト上の、そういった求人募集は特殊な資格を活用したい方に向けて充実しています。看護師の求人募集を調べたいと思った時中でも、より充実しているサイトページを設けているのは、看護のお仕事だと言えるかもしれません。

  • エリアからの検索可能
  • サービスや特徴を掲載
  • おすすめコンテツ
  • フリーワード検索
  • おすすめ情報
  • コンサルタントの紹介
  • サイト内の条件からの検索
  • 人気のワード

エリアからの検索可能とは全国各地での検索ができます。引越しから、転職せざる得ない方も中には居ます。引越し先は、就職先に近い所がいいという条件は、当たり前です。それが可能なのは、とても魅力的です。看護のお仕事は、看護のお仕事だからこそのサービスや特徴があります。
それを、分かりやすく、どのように活用していけばいいのかを説明しているので、初めて登録される方も安心する事ができます。フリーワード、サイト内の条件、人気のワードから幅広く検索できる機能が充実しています。

自分の希望が固まっていない方でもこのような検索から見付かるかもしれません。看護のお仕事がおすすめする情報や、コンテツからでもどのような所から求人募集が出ているかを集め、自分の条件と照らし合わせる事も可能です。非公開の求人情報は、看護のお仕事が直接仕入れた情報なので、サイト上で公開しておらず、コンサルタントから直接もらえる求人情報です。なので、他社のライバルがいないので、自分一人だけにきた求人ということになります。

この非公開情報が多数あるのも魅力になると思います。まだ、自分の条件が揃っていない方でも下調べしてみる事で、いろんな理想がでてくるのではないでしょうか。そして、看護のお仕事の充実したページではそれが現実となる第一歩の資料がたくさんあります。条件がある方も、今から見つける方も看護のお仕事のページを一度、ご覧下さい。